記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国税庁よりお知らせ】クレジットカード納付が可能に!

2017年1月4日から申告所得税及び復興特別所得税、法人税、消費税及び地方消費税、贈与税、酒税など
ほぼ全ての税目でクレジットカードによる納付が可能となりました!

従来は銀行や税務署まで行って支払いなどをする必要がありました。
特に平日休みがない人から考えるとわざわざ平日に休みを取って納付しないといけませんでしたし、
家から銀行や税務署までの交通費(ガソリン代や電車代、バス代など)がかかってしました。

ここからはクレジットカード納付のメリットとデメリットを紹介したいと思います。
【メリット】
平日休みを取る必要がない。
サラリーマンは有給が取れれば良いですが、自営業の人はお店を一時的にお休みにしなければなりません。

銀行や税務署までの交通費の節約
上記に書きましたようにガソリン代や電車代、バス代などがかからなくなりました。
(銀行や税務署が家から近い人は別ですけど。。。)

ポイント
クレジットカード納付であれば、クレジットカードにポイントが付きます。
また使用できるクレジットカードの種類は下記の通りです。
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARD

【デメリット】
手数料がかかる。
納付税額 決済手数料(税込)
1円~10,000円 82円
10,001円~20,000円 164円
20,001円~30,000円 246円
30,001円~40,000円 328円
40,001円~50,000円 410円

※以降、10,000円を超えるごとに決済手数料82円が加算されます。

納付できる最高金額は1,000万円未満(決済手数料含む)
個人であれば、ほとんどの人が1,000万円を超えることが少ないと思いますが、
沢山お金を稼いでいらっしゃるからは通常通り、銀行や税務署で振り込む必要があります。

またヤフーニュースで取り上げられていましたが、Twitterでは
「偽物臭が漂いすぎる」
「えっこれ本当に国税庁主導のやつなのか…。ドメインがふざけ過ぎてるし、証明書はどうなってんだ…。 本当に偽サイトと区別つかない」
「国税庁なのにgo.jpじゃないのか…」とコメントがありました。

国税庁のHPで領収書についてで調べたところ、「領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付してください。」とのことでした。
また納付済の納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合もありますので十分ご注意ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。